블로그 이미지
Every unexpected event is a path to learning for you.

카테고리

분류 전체보기 (2323)N
Unity3D (568)N
Programming (472)
Unreal (4)
Gamebryo (56)
Tip & Tech (184)
협업 (34)
3DS Max (3)
Game (12)
Utility (116)
Etc (92)
Link (31)
Portfolio (19)
Subject (90)
iOS,OSX (38)
Android (13)
Linux (5)
잉여 프로젝트 (2)
게임이야기 (1)
Memories (19)
Interest (37)
Thinking (36)
한글 (26)
PaperCraft (5)
Animation (408)
Wallpaper (2)
재테크 (19)
Exercise (3)
나만의 맛집 (2)
냥이 (9)
육아 (9)
Total1,343,990
Today28
Yesterday297
Statistics Graph

달력

« » 2019.12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

공지사항

태그목록

XcodeのCapabilityの各種設定をPostProcessBuildで行う方法です。
Pushの設定などを有効にするアレです。

ざっくり流れ

In-App Purchaseなどentitlementsファイルが不要なcapabilityの場合

  1. Unityのリポジトリから, 最新のXcode Manipulation API(以下Xcode API)を持ってくる
  2. 既存のプロジェクトにインポートできるように修正する
  3. 最新のAPIでPostProcessBuildのScriptを書く

iCloudなどentitlementsファイルが必要なcapabilityの場合

  1. 一旦先にビルドしてXcodeProjectを作成する
  2. capabilityを設定し, entitlementsファイルを作成する
  3. PostProcessBuildでentitlementsファイルとビルドプロパティを追加する
  4. 以後entitlements file不要な場合に合流する

詳細な流れ

entitlementsファイルのいらないcapabilityの場合

Unityのリポジトリから, 最新のXcode APIを持ってくる

  • リポジトリ内のXcodeフォルダをデスクトップなど作業環境にコピーします
  • ターミナルでXcodeディレクトリに移動し, 下記のコマンドでC#のソースコードのnamespaceを変更します.仮に変更後のnamespaceをUnity2017.iOS.Xcodeとします

 

$ pwd
Users/fullcorder/Desktop/Xcode 
$ find . -name '*.cs' | xargs sed -i "" 's/UnityEditor.iOS.Xcode/Unity2017.iOS.Xcode/g'

 

  • Xcode/Propertiesディレクトリをは不要なので削除します
  • UnityプロジェクトのEditorディレクトリにXcodeフォルダごとインポートします

PostProcessBuildスクリプトを作成し下記のようにPBXProject#AddCapabilityを使って追加します

Unity2017.1のリファレンス
https://docs.unity3d.com/2017.1/Documentation/ScriptReference/iOS.Xcode.PBXProject.AddCapability.html

 

[PostProcessBuild]
public static void AddCapability(BuildTarget buildTarget, string path)
{
    if(EditorUserBuildSettings.activeBuildTarget != BuildTarget.iOS)
    {
        return;
    }

    string projPath = path + "/Unity-iPhone.xcodeproj/project.pbxproj";

    var proj = new PBXProject();
    proj.ReadFromString(File.ReadAllText(projPath));

    string target = proj.TargetGuidByName(TargetGroup);

    proj.AddCapability(target, PBXCapabilityType.PushNotifications);
    proj.AddCapability(target, PBXCapabilityType.InAppPurchase);

    File.WriteAllText(projPath, proj.WriteToString());
}

 

  • 以上ですあとはビルドすればOKです

entitlementsファイルが必要なcapabilityの場合

entitlementsファイルが必要な場合は, entitlementsファイルを作成したものをPostProcessBuildで追加し、あとはentitlementsファイルが不要な場合に合流します

entitlementsファイルを作成

  • UnityでiOSビルドしてXcodeProjectを吐き出します
  • Capabilityタブに行き, Pushなどをこうなりたい状態, PostProcessBuild後で設定後の形にします
  • entitlementsファイルがXcodeプロジェクト内に作成されるので取り出してUnityProjectにインポートします
  • Unityフォーラムの下記ポストからEntitlementsPostProcess.csをDLしてUnityにインポートします

https://forum.unity3d.com/threads/how-to-put-ios-entitlements-file-in-a-unity-project.442277/

  • EntitlementsPostProcess.csのSerializeFieldであるEntitlements Fileにentitlementsファイルを設定します
  • 以上でentitlementsファイル追加が完了します

以後、前述の手順と合わせてビルドすると無事, 設定反映したになっていると思います
(Plist編集は別途スクリプト書いてください)

その他

Unity2017からは多分使えるAPIなので、長いプロジェクトの場合, プラットフォーム依存コンパイルでUnity5のみ限定して今回変更したnamespaceを使うようにすると良いと思います。

環境

macOS Sierra
Unity 5.5.3f1
Xcode 8.3.2

参考 
https://bitbucket.org/Unity-Technologies/xcodeapi
https://forum.unity3d.com/threads/how-to-put-ios-entitlements-file-in-a-unity-project.442277/

 

 

[출처] https://qiita.com/fullcorder/items/b82c48022acd0b4ff957

 

Unity5のPostProcessBuildでXcode Capabilityの設定する方法 - Qiita

XcodeのCapabilityの各種設定を`PostProcessBuild`で行う方法です。 Pushの設定などを有効にするアレです。 # ざっくり流れ ### In-App Purchaseなどentitlementsフ...

qiita.com

 

Posted by blueasa

댓글을 달아 주세요